子供の集中力について

TOP > 集中力について > 子供の集中力について

落ち着きと集中力はイコールではない

うちの子は落ち着きがなくて…どうしたら集中できるようになるのかしら?」

「落ち着きがない=集中力がない」というわけではありません!

近年、子供たちの集中力低下が叫ばれていることもあり、お子様の落ち着きのなさから将来に不安を感じる保護者様は多いようです。しかし、幼い子供に落ち着きがないことに不安を感じる必要はありません。小学生くらいまでの子供であれば、集中力はこれから鍛えられていくものなのです。

「落ち着きのなさ」とは

「落ち着きのなさ」とはじっとしていられなかったり、目をキョロキョロさせてしまったり……。子供は、とにかくどんなものにでも興味を示して動き回ります。小学生くらいまでの子供に関して言えば、これは決して集中力に欠けているわけではなく、むしろ自然な行動なのです。たとえ落ち着きなく走り回っていたとしても、実は興味を持ったものに対して集中している場合がほとんどです。


集中力の低下

集中力の低下 集中力の低下によって起こる状態は千差万別ですが、一般的に言う「落ち着きがない」状態は当てはまりません。逆に、集中力がなくなると頭が働かなくなってしまうことが多いのです。ボーッとしてしまうことが多い子供こそ、集中力が低下してしまっていると言えるでしょう。

スクールオブスクールズでは、 集中力をイメージトレーニングを通じて自然身につけることができ、お受験に必要な能力も鍛えることができます。
最近のお受験では、どのような能力が必要となるのか知りたい方は、こちらからどうぞ


当サイト監修のスクールオブスクールズでは 集中力を鍛えるための能力開発講座を開設しています。資料請求は、こちらからお気軽にお問い合わせください。お気軽にお問い合わせください フリーダイヤル0120-30-3992 お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ